PRP(多血小板血漿)注射の仕組みと効果|ペニス増大サプリとの違い

PRP(多血小板血漿)注射でペニスを増大することができる

PRPとは多血小板血漿のことを指しており、これには止血作用や修復作用があります。これまでも自分の血液中に含まれる血小板を用いることによって怪我した部分などを修復させる治療が行われることはありましたが、血小板には成長因子が含まれていることも発見され、ペニスに注入することでサイズを大きくすることができるようになりました。PRP注射を行うと多血小板血漿が注入され、それによって脂肪の定着率が高めることができます。脂肪の定着率が高まるとペニスが太く成長しやすくなるので、何もしないときと比較すると陰茎の周りに脂肪がついて太さや長さをアップさせることができるというわけです。
PRP注射は怪我の治療などに用いられることが多かったのですが、最近ではペニスを増大させたいという人にも実施されることが増えているので、長さや太さをアップさせたいのであれば病院でこの方法を試してみることができるでしょう。

PRP注射とペニス増大サプリの違い

PRP注射もペニス増大サプリもペニスをサイズアップさせるために用いられることは同じですが、これらを利用したいと考えているのであれば違いを知っておく必要があります。PRP注射はペニスに多血小板血漿を注入することで脂肪がつきやすい状態にしますが、ペニス増大サプリは血液循環の改善や男性ホルモンの分泌量の増加によってペニスを増大させようというものです。ペニスが大きくなるための具体的なメカニズムが異なる点を知っておく必要があるでしょう。
PRP注射は比較的新しいペニス増大方法として注目されていますが、これは手軽に行うことが難しいと言えます。病院でも実施している場所が限られているので、そういった点を考慮するとペニス増大サプリのほうが手軽に実施できる方法です。手軽にPRP注射を行うことが難しいので、ペニス増大サプリを使用しても効果が得られない、より大きくしたいという希望がある場合はPRP注射に切り替えるという方法でペニスを増大させることもできるでしょう。

まとめ

PRP注射もペニス増大サプリもペニスを大きくさせるためのものという点は同じですが、具体的なメカニズムや手軽さは大きく違っています。どちらを選ぶかは個人の好みにもよりますが、PRP注射は1回の治療で数十万必要になるなど治療費も高いので、まずはペニス増大サプリを試してみて、それでは納得がいかなければPRP注射を実施してみるという方法を選択することもできるでしょう。それぞれの特徴をしっかりと把握し、どのようなペニス増大方法を選択するか考えると良いです。

Leave a Reply