増大器具の仕組みと効果|ペニス増大サプリとの違い

ペニス増大器具の仕組みと効果

ペニスを大きくするための道具として増大器具が販売されていますが、主に2種類のものが販売されています。ポンプ式と牽引式のものがあるのですが、前者は筒の中にペニスをセットして真空状態にすることでサイズアップを狙い、後者はバネの力でペニスを引っ張ることでサイズアップを狙うものです。残念ながらポンプ式のものは効果がないことが医学会の論文で実証されており、こちらを無理に使用すると包茎が悪化したり壊死したりする可能性があります。牽引型の場合は医学会の論文でペニスの増大に効果があったことが明らかにされており、1日に6時間程度装着することを数か月続けると効果が得られるようです。
増大器具には主に2つの種類がありますが、それぞれで仕組みや効果が大きく異なっていることを知っておかなければならないでしょう。もし使用するのであれば医学界で効果が実証されており、壊死などの危険性が低い牽引式のものを使うべきだと言えます。

ペニス増大器具とペニス増大サプリは何が違うのか

増大器具でペニスのサイズアップを狙うことができますが、ペニス増大サプリもペニスを大きくするために役立ちます。ペニス増大サプリの場合は飲むことで血液循環が改善され、それによってサイズをアップさせることができるでしょう。増大器具は物理的な力によって、ペニス増大サプリは身体の内側から働きかけることで長さや太さをアップすることができると言えます。効果があるのであればどちらを使用するべきか迷うかもしれませんが、おすすめはペニス増大サプリです。
残念ながら増大器具は1日に6時間以上使用することで効果があらわれたとされているので、仕事や学校に行きながら毎日6時間の装着は難しいと言えます。寝るときにつけると事故で怪我に繋がる可能性があるので、飲むだけで効果がえられるペニス増大サプリのほうが便利です。ペニス増大サプリと増大器具のどちらを使用するのか迷っているのであれば、ペニス増大サプリの使用をおすすめします。

まとめ

ペニスは増大器具やペニス増大サプリによってサイズアップを狙うことができますが、効果が得られるほど増大器具を装着し続けることは現実的に考えて困難です。手軽に行うことができる方法で太さや長さをアップさせたいのであれば、増大器具ではなくペニス増大サプリを用いることがおすすめだと言えます。物理的な力ではなく、身体の内側から血液の循環を改善することによって大きくするほうが安全で効果を得やすいと言えるでしょう。

Leave a Reply