医療現場でニッケル水素電池というのはよくつかわれるらしい

ニッケル水素電池は生体モニター機器や輸液ポンプ、電動車いすなどの
医療機器向けによく使われています。
安全性に優れ、長寿命、使用温度範囲が広いこと、大電流放電が可能なことなどが特徴です。
電池寿命の判別ができるものもあります。
自家発電を持たない病院での非常用電源として突然の停電リスクにも対応できます。
また、コンパクトで場所をとらない蓄電システムということも注目されています。
代替医療とは、西洋医学に属さない全ての医療のことを指します。
漢方薬などの東洋医学を含む代替医療の将来性はおおいにあります。
そんな代替医療をとりいれておられる医師にとっても
ニッケル水素電池はとても役に立つ医療現場にとって不可欠なアイテムと言えるでしょう。

Leave a Reply