Archive of ‘医療日記’ category

屋上緑化と代替医療について考えることが楽しい

屋上緑化と代替医療のことを考えるというのは、とても楽しいものです。
どちらも人間にとって非常に重要なものであり、世界的に砂漠化が進む現代では
少しでも緑化をしていくというのは大事なことです。
同じように代替医療というのも高齢化社会が進んでいく今の日本社会に、
あるいは世界で必要な技術ですから代替医療の今後を考えていくというのは
重要な事だと考えています。
そのふたつを同時に考えるというのは、世界に貢献をしているような気になって
結構楽しかったりします。
もちろん、そのようにだいそれた話ではないのですが、
自分の考えで少しでも世の中に貢献をすることができればいいなと思いながら、
日々屋上緑化と代替医療について考えることにしているのです。

データ抽出の技術で代替医療の将来を変えれないだろうか

データ抽出の技術の進歩により、代替医療の将来性に大きな影響があるため、
常日頃から最新の情報をじっくりと仕入れることがおすすめです。
現在のところ、医学の重要性に関して、世界中の医療関係者や研究者の間で
しばしば話題となることがありますが、重要なデータをコンピュータで管理することによって、
様々なメリットを享受することができます。
また、データ抽出の機能性の高さについては、一般の消費者にとって、
速やかに判断をすることが難しいといわれています。
そこで、定期的に代替医療に関する書籍や情報サイトなどを参考にすることで、
忙しい生活を過ごしている人であっても、
各自のペースで必要な知識を身に着けることが可能となります。

中華街の個室で、日本式の方が中国式より良いとは言わない?

中国人が多く観光に来るようになって、市役所をはじめ病院でも中国人を見る機会が増えました。
爆買いという言葉も耳慣れて幾分経ちますが買い物だけでなく、
医療目的で訪日する中国人も近年多いそうです。
とはいえ、代替医療に関しては、国本土の方が日本より分があるように思えます。
中華街の個室で、日本式の方が中国式より良いとは言わない気がします。
よく中国四千年の歴史という言葉を使いまし、水墨画のような渓谷に映像を見るたび
摩訶不思議な現象もあるかもしれないという気がしますからね。
もしかしたら、日本人が中国へ代替医療へ多く行くようになって
爆医とか言われる日もくるかもしれませんよね。

医療現場でニッケル水素電池というのはよくつかわれるらしい

ニッケル水素電池は生体モニター機器や輸液ポンプ、電動車いすなどの
医療機器向けによく使われています。
安全性に優れ、長寿命、使用温度範囲が広いこと、大電流放電が可能なことなどが特徴です。
電池寿命の判別ができるものもあります。
自家発電を持たない病院での非常用電源として突然の停電リスクにも対応できます。
また、コンパクトで場所をとらない蓄電システムということも注目されています。
代替医療とは、西洋医学に属さない全ての医療のことを指します。
漢方薬などの東洋医学を含む代替医療の将来性はおおいにあります。
そんな代替医療をとりいれておられる医師にとっても
ニッケル水素電池はとても役に立つ医療現場にとって不可欠なアイテムと言えるでしょう。

お医者さんに聞く人気のエステや口コミ

女性の中にはもっと美しくなりたいとエステに通う人も少なく有りません。
特に肌をきれいにしたり、新陳代謝を活発にすることで健康にも良いと謳われているものも
多いのですが、医学的にはどうなのでしょう。
お医者さんに人気のエステや口コミについて聞くと、意外な答えが返ってきました。
健康を維持するためには医学的な治療も重要だけれど、精神的な面での影響も大きく、
その意味で人気のエステや口コミをチェックしてその場所で施術を受けることは大きな意味があり、
代替医療にも匹敵するとのことです。
すなわち、人気のエステに通って肌をきれいにするという事は医師の目から見ても
治療を行っている場合と同じぐらい効果があるという事なんですね。

臨時の診療所のパーテーションどうしよう・・・レンタルかなぁ

診察室は基本的には患者が診察しているところを他の人に見られないための配慮が必要です。
そのため個室で行われることや人目につかない場所で行われえることが多いです。
しかし中にはそのスペースを確保できないというケースも報告されています。
そのため代替医療としてパーテーションをレンタルするという方もいます。
パーテーションを使うことで移動しながら他者からは見えない空間を
どこにでも作ることが出来ます。
また多くはキャスターがついており、重さも比較的少ないため、移動に困ることは少ないです。
また折りたたみ式であればよりコンパクトかつ広いスペースを作り出すこともできます。
レンタルには費用がかかってしまいますが、
より良い医療を提供する上では欠かせないと言えます。

青山の結婚相談所では、毎日100組みが訪れる。

美容医療分野では、何年も前から赤ちゃんの臍帯(プラセンタ)が良いと言われています。
今日でプラセンタは、もちろん効果自体が見込める良い成分です。
しかし、本物の臍帯を摂取とはいきませんね。
むかし、本物の臍帯を定期的に摂取して、若さを保つといった
ベストセラー小説を読んだ記憶があります。
それ位、当初から臍帯は注目された成分だったのですが、
臍帯も将来IPA細胞がもっと普及したら培養される可能性があります。
そうなると、小説もおとぎ話ではなくなってくるでしょう。
余談ですが、青山の結婚相談所では、毎日100組みが訪れるといいますが、
その1/4近くが子を身ごもった状態とも聞きます。
合わせて聞くと不思議な感覚になりませんか?

観葉植物レンタルは得策

季節の変わり目に鼻炎になったりするので、
こういった時は耳鼻科でなく漢方薬局にいって相談することにしています。
ここ数年、体調に合わせた漢方薬をしばらく飲むことによって、
かなり調子が上がるのがわかったので。
こういった部分は代替医療が最適な感じがします。
体質にもよるかも知れませんが。
さて、その漢方薬局はちょっと変わっていて
ジャングルのように観葉植物がいっぱいなんです。
聞いてみると半分は観葉植物レンタルとのこと。いい考えですね。

井之頭病院のfacebookページに感動

最近代替医療の研究のために、アーユルヴェーダにハマっています。
ちょっと宗教っぽい部分が否めなかったため、敬遠気味だったのですが、
井之頭病院のfacebookページから知ったアーユルヴェーダの可能性の記事に感動し、
きちんと知ろうと思ったわけです。
アーユルヴェーダは歴史も長く、奥深い伝統医療だということがわかってきました。
瞑想までは至っておりませんが、しかるべきところで学んでみようと予約をしたところです。

IPSと漫画と便利屋と代替と。

近い将来、IPS細胞が本格的に医療に使用できるようになるようですね。
一昔前なら、臓器を変えるとなると他の人からという一択でしたが、
これからは順番や適正を気にしなくても大丈夫になるのでしょうね。
今の臓器を他のものに変える、代替ですね。
よく漫画などで、大富豪が情報屋や便利屋などを使って新しい臓器を
手に入れるという話がありましたが、なくなっていくんでしょう。
その代わり、IPS細胞を巡っての話にが増えていくのかな?
どんなモノでも代替は存在するんですね。

債務整理や多重債務のお金の場合は「同価」。代替医療は…。

ある物がないから、他で代替する。
債務整理や多重債務のお金の場合は「同価」ですが、代替医療は「等価」。
似て非なるもの。
主に医療の場合は、現代の西洋医療から東洋医療へ救いを求める
という図式が一番代表的ではないでしょうか。
「気」や「針」と聞くと一般的な方や科学傾向主義の方は、
確証に乏しく判断が尽きづらいなどとし嫌厭しますが、当事者になった時どうでしょう。
西洋医学では治療が不可能と突きつけられて、はいそうですか、
と簡単に諦められる人が何人いるのでしょうか。
代替医療は今後も発展し続けるはずです。

人間の気も太陽光発電のメリットと同じようになれば。

「病は気から」とよく言いますが、
その通りで代替医療の多くがこの「気」を重視した物が多いです。
医療に「気」の概念はなく、その分で代替医療が「気」を補うという事でもあります。
目で見えないので「医療=科学」の分野で踏み込めず、しょうがない事ではあります。
普段、電気も目で見る事は出来ませんが、エネルギー量として計測できます。
太陽光発電のメリットとして、余った分を電気会社に売却するなどできますが、
人間の「気」も個人の感覚ではなく、エネルギー量として計測出来れば便利なんですけどね。

広告費代替の看板デザインと今後の代替医療の関係。

「代替」は、医療でなくてもある事。
一般的に代替は、その行為を満たす事が不可能なので別の方法で補う事ですが、
医療以外の場合では改善策もしくはより有効な手法でその道のスタンダードを
「代替」すると言う事があります。
例えば、ファッションブランドのZARAは、宣伝費は抑え自店や看板デザインなどで、
特色を打ち出して成功しています。
宣伝の代替として別のことにお金をかけているわけですが、
もしかすると現在の代替医療も代替する医療より
優れた手法になるという未来もあるかもしれません。

何でも屋の方に聞いたこと

先日実家で何でも屋さんに蔵の整理をお願いするということを聞いて、
私はお宝目当てに実家に顔を出してきました。
顔を出したはいいのですが、お宝にたどり着くまでにえらい時間がかかりそうな蔵の中、
便利屋さんのスタッフの方と協力してお片づけしました。
引き取ってもらえるものとゴミを分け、私も骨董をゲット。
何でも屋さんと妙な連帯感が得られました(笑)。
聞いたところ、彼の母親がガンの治療中で、代替医療と西洋医学を併用しているそうで、
少し話しこんでしまいました。

パチンコポイントシステムを医療にも代替。

近くのパチンコ屋にたまに暇な時に行くのですが、
最近新しいパチンコポイントシステムを導入していて、
ポイントが地域で使えたり割引があったりする優れものでして。
そこで私が思ったのが医療にもこういうポイントシステム的なものが
巧く組み込めないかということです。
税金で賄う医療費は増加しつづけ、総額の3割以上が医療費に消えるとも聞いたりしました。
しかし、負担率の低い医療は「とりあえず診察を受けとけ」的な患者を増やし、
それはまた逼迫を招くのです。
そこでポイントですよ!どう使うか?それは私には分かりません!(笑)

トイレの水漏れの代替案で、同等問題を提起。

代替や等価交換とは、主としようしたものと同等の物で補う場合に使われますが、
私はつねづね本当に同等の物で補われていないのではないか、と思っていました。
代替医療にしても医療と付きますが、医療でない場合があり、この場合で最悪は代替でなく、
ごまかしという言葉の方が当てはまる事があります。
例えが変ですが、トイレの水漏れで水利用を検討しようとするような事で、
本質からズレて行われる場合があります。
最後は、気持ち次第と言いますが、気持ちもすり替えられていたら、たまりません。

お風呂の水漏れをまず直さねば!

アーユルヴェーダや、アロマが代替医療として認知されていますが、
生活に馴染みすぎて忘れがちなのが「お風呂」ではないでしょうか。
1日の疲れを取るのにお風呂は欠かせませんよね。
半身浴や長時間の入浴など美容に心がけている方も多いですが、
何故体にいいのか理解しているでしょうか。
お湯で体を温める事で血管が拡張され血液の流れをよくし、
体の老廃物を出しやすくする他、副交感神経を優位にし
リラックスすることから精神的にも良いんです。
こんな事を書いているとすぐ入りたくなってきます。
が!まず今起きているお風呂の水漏れ修理から始めなければいけないだよなぁ。
ため息…。

代替の発端は、フレッツ光のキャッシュバックから

代替は、医療に限らず往々にして起こる物です。
話題になり記憶に新しいのは、スマホのキャッシュバック問題ではないでしょうか、
フレッツ光のキャッシュバック辺りから端を発し、今は何でもキャッシュバック。
シンプルに端末やプランの料金が減れば良いのに、色々なしがらみがあって、
減らせないならキャッシュバックで差をつけようと言う事が原因なのですが、
核心から遠くなる事が代替の問題点と言えるのではないでしょうか。
代替医療も医療行為だけでなく、精神的サポートまで行うものがあります。
もう言わずもがなですね。
気を付けましょう。